• HOME
  • スケジュール
  • プラクティショナー
  • オンラインショップ
  • お問合わせ
  • 三好えみブログ
  • 三好えみ公式サイト
  • ボイジャータロットってどんなカード?
  • ボイジャーを楽しもう!
  • ボイジャーを学ぶ
  • プロ養成講座
  • お客様の感想
  • Emyからメッセージ
  • スライドショー

ご購入はオンラインショップより
ボイジャーカード&魂の道しるべセット



交流の場 ボイジャーコネクション

三好えみ facebook
Emyからメッセージ

◆ボイジャーカードとの出会い

ボイジャーに出会ったのは2004年のことです。カードの美しさと不思議なパワーに魅せられ、ジェームズのホームページからカードと本、さらにはCDを購入しました。使っていくうちにそのすごさ、楽しさに夢中になり、この感動を友人にも伝えていきたいと願うようになりました。

「ボイジャーはすごいよ。なぜこれほどすごいカードが日本に紹介されていないの!」

口を開けばこんなことを言い続けていたように思います。

驚くことに友人たちは皆口を揃えて言うのです。

「えみぃがやるからよ。あなたが翻訳して、あなたが広めればいいじゃない。
待っている人がたくさんいると思うよ。」





◆ボイジャーを日本に広めたい!

その頃、ボイジャーはおそうじ風水とヒーリングの仕事を強力にサポートしてくれていました。

 ボイジャーに恩返しがしたい。
 ボイジャーの解説書を翻訳して日本語版を発売したい。
 ボイジャーの魅力を日本全国に広めたい。
 
そんな夢が心に宿りました。夢をサポートするのはイジャーの得意技です。どうすればボイジャーさんを日本に広められるの?そんな問いかけをボイジャーに投げかけてはカードを引き、ひらめきを行動する日々が始まりました。2006年のことです。


◆作者ジェームズのサポートを得る

夢が叶うまでの道は決して順調ではありませんでした。しかし、ボイジャーが諦めそうになる心を励まし、力強く支えてくれました。

ある日勇気を奮い起し、ボイジャーの作者に翻訳させてほしいとメールで頼みました。驚いたことにジェームズはどこの誰かもわからない私にあっさりオッケーをくれました。

 YEAH!Let's do it!!!!!!

ビックリマークのたくさんついたメールが忘れられません。


◆翻訳の苦労

許可はもらったものの、次なる難関は翻訳です。翻訳は単なる語学力の問題ではなく、カードと深くつながっていなければできないということがわかりました。一日一枚カードを引き、そのメッセージを生きる日々を続けてはいましたが、いつまで続ければボイジャーさんから許しが出るのかまったくわかりません。先の見えない日々は焦りを生み、悶々とする日が続きました。

カードともっと仲良くなりたいけれどどうすればいいのか。そんな問いかけに答えるかのようにボイジャーを教えてほしいという 人が次々と現われ、教えているうちにカードのメッセージがくっきりと浮き上がるようになりました。これならいけると翻訳原稿を一気に仕上げました。


◆出版社探し

次のハードルは出版社探しです。

「今はエンジェルカードのようなソフトな絵のカードが人気 だからボイジャーのような個性の強いカードはちょっと」 
繰り返し断られ、その度に深く落ち込み、心が折れそうになりました。


◆ジェームズのパワーに直接触れて

もう諦めようか・・・そんな時作者ジェームズが大好きなハワイでワークショップを開催すると知り、参加しました。2008年のことです。初めて会う、あこがれのジェームズ。子供のような好奇心を持ち、とんでもなくパワフルで楽しいジェームズと話していると、すべての悩みがちっぽけに見えました。ジェームズ自身も出版する際には大変な苦労をしたと知り、たくさんの勇気をもらいました。

決断を助けてくれたのはやはりボイジャーでした。ジェームズとの協力関係は?と聞いた答えのカードは「大アルカナ6 恋人」。やあ、最高のパートナーだね!と2人でボイジャーを日本に広めることを誓い合い、帰国から3か後、株式会社ボイジャータロットジャパンを設立しました。これで出版社を介さず、英語版の版元と共同出版の道が開くはず。


◆そうだ、先生を募集しよう!

出版への道は開かれましたが、次はどうやって普及させていくかです。

そうだ、先生を募集しよう。

それはボイジャーがくれたインスピレーションでした。それまで開催していた一般向けのボイジャースクールを一旦お休みし、プラクティショナー認定講座を開催することにしました。一緒にボイジャーを広める仲間を増やすことに専念したかったからです。

1人、2人とプラクティショナーが誕生し、ゆっくり、しかし確実にボイジャーはその素晴らしさを証明していきました。素晴らしい仲間がたくさんでき、認定を受ける人が増え始めました。今ではボイジャー「タロットでネット検索すると五万件もヒットします。3年前には考えられない大躍進です。それもそのはず、1人で広めていた時代が今は昔、今では全国に誕生した多くの優秀なプラクティショナーの皆様がボイジャーに魅力を伝え、ボイジャーを使って人々を勇気づけ、ボイジャーの使い方を丁寧に教えてくれているからです。


◆夢が叶った日

ボイジャーには間違いなく夢をサポートし、行動を起こさせるパワーがあります。
会社設立後1年経ったころ、とうとうフェアウィンズ社とボイジャータロットジャパンの共同出版が実現しました。
大量の段ボールがサロンに届いた日、夢の実現を実感しました。2009年11月のことです。
1050個のボイジャーカードは着々と売れて行き、今も売れ続けています。熱狂的なファンがどんどん増え、能力も人間性も素晴らしい先生方がボイジャーの魅力を伝えてくれています。まさに夢に見たままの状況です。

ボイジャーは順調に売れ、2011年7月には第2版を出すことができました。
そして2011年9月15日、とうとう念願かなって作者ジェームズを日本に招き、たくさんの仲間と感動を分かち合うことができました。
成田でジェームズとハグを交わした時の感慨深さはどう表現していいかわかりません。
長い、長い間抱き続けていた大きな夢が叶っていく充実感と達成感。
すべてのワークショップが終わった後、幸せすぎてしばらくぼんやりし、何もできませんでした。

  


◆感謝と新たな夢

支えてくださったたくさんの皆様のお顔が次々に浮かびます。
2009年からは主人も事務局として会社を支えてくれています。
今は大好きなことだけをして暮らしていける喜びを心から味わっています。

ボイジャーが人生にもたらしてくれたものは、本当にたくさんあります。
経済的な安定。心の安定。たくさんの感動。たくさんの出会い。心の触れ合い。
夢は叶うという確信。困難は喜びを際立たせるためにあるという考え。
好きなことをやることで才能を育て、開花させることができるという手応え。
ジェームズが来てくれた瞬間、たくさんの実りを手にしました。
そして今年2012年、新しい夢が心に宿りました。


◆三好えみ、2012年年頭の誓い

皆さんの夢は何ですか?
どうか皆さんの夢を応援させてください。
ボイジャーを手に魔法使いになって多くの方の夢を叶えて歩く。
これが2012年、三好えみの心に宿った夢です。

皆さんの夢に寄り添い、親身になって全力を尽くします。
これがボイジャータロットジャパン、三好えみの年頭の誓いです。


◆最後に一言

ジェームズの言葉で心に響いた言葉を贈ります。

大好きなことをやろう。
やることには心を込めよう。

Do whst you love .
Love what you do .

心の力に目覚め、素晴らしい人生を歩まれますよう、心からお祈り申し上げます。

長い文章を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

ページTOPへ