• HOME
  • スケジュール
  • プラクティショナー
  • オンラインショップ
  • お問合わせ
  • アクセス
  • 三好えみ公式サイト
  • ボイジャータロットってどんなカード?
  • ボイジャーを楽しもう!
  • プロ養成講座
  • 間をあける
  • 体験会
  • レベル1認定講座
  • レベル2認定講座
  • レベル2認定講座

ご購入はオンラインショップより
ボイジャーカード&魂の道しるべセット

講座のご案内


ボイジャー認定講座レベルI

●集中講座(2日間、1回7時間、休憩込み)
●マンスリー講座(4日間、1回3時間)

【講座の内容】

  • 自己紹介
  • 作者JamesWanless
  • VoyagerTarotの構成と個性
  • カードを使いこなすコツ
  • カード解説&リーディグ練習
  • 私は誰?ゲーム
  • レイアウト紹介&実習
  • シェアリング
お申し込み>>>>>

【リーディングのカギ、質問力が磨かれます】


ボイジャーリーディングを成功させるには、質問をクリアにすることが何よりも大切です。あいまいな問いかけにはあいまいな答えを返すのがボイジャーカードのお茶目なところです。
自分が何を知りたいのか、しっかり見つめ、明快な質問を用意しましょう。質問がうまくできない時には、「何を質問したらいい?」という便利な質問を投げかけてみてください。
質問の仕方にもちょっとしたコツがあります。
講座では、お互いにリーディングを沢山する中で、上手な質問のし方も学ぶことが出来ます。

★ボイジャーを習うとどんなことが解決できるの?

  • ご自分のことを知ることができる
    ボイジャータロットカードを学ぶことは、自らの魂の声を聴くことでもあります。
    まずはご自分と向き合い、深く知ることで、あらゆるヒントを得ることができるようになります。
  • 直観が磨かれ、決断が容易になる
    答えは既に自分の中にあります。あとはそれに気付き引き出すだけ。
    ボイジャーはそういったサポートが得意です。
    思考では考えられなかった答えが導きだされるかもしれません。
  • 人に聞かなくても客観的なヒントを得られる
    困ったり悩んだりした時、誰かに相談したり、いろいろなセッションを受けることもできます。
    でも自分の内なる答えを静かに感じたい時、ボイジャーは真摯に向き合ってくれます。
    カウンセリングや占いに頼らず、自分で答えが導きだせるようになるとチャンスをつかむ力がつきます。
  • 自分の未来を形作る1歩1歩が明確になる
    夢を持っていても、初めの1歩、その次の1歩は、現実的にどうしたらいいのかわからないという方も多いでしょう。
    そんな時、夢に向かってのスモールステップをボイジャーに相談しながら進むことで、確実に未来をクリエイトしていくことが出来るようになります。

★こんな方におすすめです

  • 純粋にカードを楽しみたい方
  • スピリチュアルな世界に興味がある方
  • ご自分を深く知りたい方
  • ご自分の使命を生きたい方
  • 日常から魂成長のヒントを得たい方
  • 夢に向かって進むべき道を確実にしたい方
  • 先人の英知を楽しみながら学びたい方
  • 周りの方にリーディングしたい方
  • プロとして開業したい方
  • サロンの新メニューとして取り入れたい方

★こんな方が実際にいらしています

  • 個人的に楽しみたい方
  • 今までのタロットに疑問がわきはじめた方
  • スピリチュアルな世界への第1歩として学びたい方
  • 変化の真っ只中にいるのでカードから乗り切るサポートが欲しい方
  • 日常を楽しむヒントが欲しい方
  • 知人にすすめられて興味を持った方
  • ボディワークのサポートツールとして使いたい方
  • カードが大好きなのでボイジャーにも興味を持った方
  • 既にリーディングをして欲しいとオファーが来ている方
  • サロンでお客様とのコミュニケーションツールとして使いたい方

お申し込み>>>>>

★体験された方の声

ボイジャー体験会感想 東京都 女性 Wさま

ボイジャータロットの体験会に行ってきました!
いっや〜〜〜〜面白かった
予想の三倍くらい面白かったです

まず最初にEmyさんがハワイの笛を吹いて場を清め、
カードの作者がどんな方で、どのようにこのカードが生まれたのか、
そして作者がどのような思いでこのカードを世に送り出しているのか、
といったお話をききました。
そのお話がまた面白い!
非常に自由でユニークで人を幸せに導くカードだという事がよくわかりました〜♪

続いて一人一枚カードをひいて、それを眺めつつ自己紹介。
かなりパワフルな方が多くて面白かったです〜
私がひいたカードは「クリエイティビティ」
えっ?私の中にまだそんな宝物が埋もれてるの??うっそー
ってな感じで意外でしたが、嬉しかったです。

大アルカナの説明も初めて聞く話運びで勉強になったし、
大アルカナと小アルカナとの対応(これは何となく知っていたけど)も
非常に納得のいく解説で、楽しく勉強になりました。

そして宅の息子も一枚ひく事になって...選んだカードがこれまたドンピシャ!
それをダシにして再び一人一枚カードリーディング。
フムフム。これまた面白い〜〜〜もうたまんない。
カードも、コラージュでできているので
見る人によっていろんな見方があって、それもすべてOK!
自由でいいな〜 。

体験会、おすすめです。
自分の意外な一面や、真実の自分を発見できるかも!

「自分再発見!」の連続でした。練馬区 MOさま

ボイジャー講座ではお世話になりましたm(_ _)m
それぞれの講師の方がそれぞれの味でボイジャーについて語って下さり
毎回違うスピード感や雰囲気で進んでいって楽しかったです。
また、参加者の皆さんのリーディングの様子を見ていて
とても刺激になったし、「自分再発見!」の連続でした。

楽しい時間を過ごさせていただきました。KOさま

直感的にリーディングする方法等、いろいろ分かって良かったです。
ありがとうございます。
楽しい時間を過ごさせていただきました。

もっとカードと仲良くなれるようになりたいです。Sさま

ボイジャータロットカードってとてもパワフルなカードだと思いました。
先生方のご指導も素晴らしく、お仲間の方々もステキで、
これからもっとカードと仲良くなれるようになりたいです。

とっても啓発されました。TMさま

楽しかったです。
いろいろありがとうございます。
どの方も素敵です。
とっても啓発されました。

これから思ったことを現実化していきたいです。MMさま

行動を起こす為のサポートをカードにしてもらっているので、
勇気を出して、これから思ったことを現実化していきたいです。

お申し込み>>>>>

レッスンを受けての、体験レポートをお伝えします。

レベル1の講座は、3時間ずつ全4回の日程で行われました。今回、私が参加したレッスンの参加者は全部で5名。講師はEmyさんやプラクティショナーの方が担当され、2名体制で行われます。ボイジャータロットカードって何?という方も多いと思うので、詳細を少し説明しますね(「魂の道しるべ」より一部抜粋)。

ボイジャータロットは、絵柄のデザインがとても個性的なカードで、カリフォルニアの元大学教授のジェームズ・ワンレス博士が1985年に開発しました。従来の古いタロットカードは、おどろおどろしく怖いイメージがあるということで、絵柄を親しみやすいように工夫したといいます。絵柄には神話の神々、実在の人物、遺跡、自然、動物、宇宙、鉱物など、たくさんの画像を集め、友人の画家の協力でコラージュを作成。そこにはいろいろな意味が込められていて、私たちの視覚に力強く訴えかけてきます。そしてカードの裏面は、美しいマンダラのような絵柄。顕微鏡で見た人間のDNAがデザインされています。このような美しいものが私たちの体の中にあるということ、まるで私たちは「愛されるべき存在だ」ということを思い起こさせてくれるかのようです。

カードの枚数は、従来のタロットと同じ全78枚。22枚の大アルカナカードと56枚の小アルカナカードで構成されています。「アルカナ」とは「秘密」を意味していて、あらゆる地域の文化や普遍性を表しているので、自分の中の新たな可能性を呼び覚ましてくれるカードたちです。また小アルカナのカードは、大アルカナの特定のカードや数枚のカードに対応していて、頭脳、感情、身体、精神について具体的な情報を示します。そしてカードには宇宙の叡智とエネルギーそのものがあふれています。ボイジャータロットには本来私たちが持っている才能などを引き出すパワーがあり、さらに発見した才能を完全に開花する道も示してくれるというのです。

自分をもっと深く知りたい!また、成長させたい!と願う人たちにぴったりのカードなんですね。では、レベル1の講座では、どんな内容でレッスンが進んでいくかなどを具体的に紹介します。

まずは、参加者それぞれが自己紹介を行うとともに、自分のなりたい姿のイメージ像などを思い描きながら、ニックネームや自分自身のキャッチコピーをカードに記入することから講座がスタートします。Emyさんのキャッチフレーズは、「歩くクリスタルEmy」。クリスタルなども利用したおそうじ風水の専門家でもあるEmyさんを象徴するようなネーミングですね。私は、「歌うライティングセラピスト」と命名しました。ちょっと恥ずかしいですが...。でも、なりたい自分を"宣言"することはとても大切なことですし、モチベーションアップのためにも必要なことですよね。

そして、ひと通りカードの意味についての説明や解説が終わると、実際に2人ずつペアを組んで、カードリーディングの実践練習です。習ったカードに沿った意味での質問をしていきます。まずはお試しでということで、「今日のレッスンでどんなメッセージが欲しいですか?」という質問をしながら、お互いにリーディングし合います。ここまでではまだ習っていないカードがたくさんあるので、いきなり1対1のリーディングにはちょっと不安も感じましたが、具体的な意味自体はわからないものの、カードの絵柄から、まるでそのとき必要なワードが浮き上がってくるように感じることもあるので、とても不思議に感じます。また、それぞれのカードに人物や鳥や蝶、彫刻などメッセージを象徴するものがコラージュされているので、そのとき相手に必要なメッセージに対応した部分の絵柄に自然と目がいくような気がします。

ただ、やはり、カードに対して問いかける質問によっては、引いたカードの意味がまったく読み解けないときもあるので、そんなときにはどうしたらいいの?という疑問が起こります。それに対しては、「カードリーディングをするときに大切なことは、遊び心と質問力が大事なんですよ」と、アシスタント講師さんが教えてくれました。さらに、「自分自身で答えを出すことを恐れたり、ためらったり、カードに頼ろうという依存心があるとダメなんですね。まずは考えたり、感じたりして答えを自分なりに出してみる。そこで、このアイディアはOK?というような聞き方をすれば、カードは必ず答えをくれると思いますよ!」と説明があり、一同納得の表情。

実際に「この悩みについて、どうしたらいい?」と丸投げするような質問をすると、「依存してはダメだよ!」というカードが出たりするそう・・・また、使いこんでいるうちに仲よくなってきて、カードが手になじんできたり、またコミュニケーションをとりやすくなったりもするとのことなので、この先のレッスンがますます楽しみになってきます。カードの表情は、見れば見るほどとても個性的で、それぞれにいろいろなメッセージがこめられているのがわかります。みな印象的ではあるのですが、あえてレッスンの中でとくに心に残ったカードを1枚ピックアップして紹介するならば・・・こちらのカードを取り上げてみたいと思います。それは、大アルカナ・カード10番の【Fortune(運命の輪)】。木星と関連があり、豊かさを象徴するカード。情熱はすべての富と結びついているので、『危険や失敗を恐れずに情熱に従ってどんどん行動しよう。チャレンジするだけの価値はあるのでは...?』というとても前向きな力強いメッセージのカードです。

このカードの面白いところは、中央に黒人の女王様のコラージュがあり、この女王の発するメッセージは、『富や財宝を得るためには自分の持っているものすべてを差し出し、無償で与える』という意味があるそう。それは、『手放せば、そこに新たなものが入ってくる』ということなんですね。逆にいえば、『今持っているものを手放したくない!』、または自分だけのものとして取っておいたりして、いつまでも固執して手放さないでいると、『豊かさを受け取るチャンスを逃してしまうよ!』という意味ではないかと思うんです。

とても深淵なメッセージが、そこにあるような気がしました。そこでペアを組んでのリーディングは、このカードにちなんで、『受け取るため』に、『自分が与えられるものは何?』というテーマでカードを引くことになりました。

私が引いたカードは、大アルカナ・4番のエンペラー(皇帝)のカード。このカードは男性的なエネルギーを持ち、リーダーシップを発揮することに関するカード。まさに私はリーダーシップは今世の課題であり、学ばなければならないものだという自覚があるので、妙に納得してしまいました。また、夢を実現させるという意味もあるカードなので、自分が夢をつかみ取ることで、まわりにも勇気を与えるという形で貢献できることもあるのかな〜、などと解釈してみました。さらにレッスンが進むと、面白いリーディングの仕方が登場してきます。カードの引き方にはいろいろあるということですが、中でも興味深いな、と思ったのが『ヒーローズジャーニーリーディング』と、『私は誰?ゲーム』。

『ヒーローズジャーニーリーディング』は、まず質問を決め、それに対して現状のカードを引いてみます。さらに進むべき方向は?と念じながらカードを引き、学ぶべきことのカードを引きます。途中は省略しますが、最後にはカードのアドバイスをどう生かすかや、アドバイスの通りに行動したらどうなるか?という答えを求めてカードを引いていきます。こうしていくと、まるでカードと対話をしているかのような気持ちになるから不思議ですね。『私は誰?ゲーム』はまた違った面白さのあるリーディング法です。まさにゲーム感覚で人数の多いグループで、一緒にカードを楽しむのに最適です。まずそれぞれ人数分のカードを選んで、その中から参加者それぞれへ1枚ずつカードを手渡します。自分の手元には、参加者それぞれが自分に選んでくれた数枚のカードが来るわけで、どんなカードが自分のところに来るのか、また最後に、そのカードからのメッセージをみんなで読み解いてみるなどの楽しみもあり、とても盛り上がったリーディングでした。

カードと仲良くなる"ヒケツ"について質問すると、毎日カードを引いてみることだと教えてくれました。レッスン終了後の今も、自分の決断が正しいのかな?とか、2つの選択肢からどちらを選ぶのがよりよいのかな?などと疑問に感じたときは、どんどんカードを引いてみるようにしています。さらに、ボイジャータロットとの正しいコミュニケーションのとり方について、Emyさんはこんな風に説明してくれました。 「カードで出た答えにそって、まずは行動してみることがとても大切。行動したことで道に迷ったら、そこでまたカードを引けばいい。それによって先が見えてきますよ。またボイジャータロットを生活の一部として利用しつづけていると、人生の転換がどんどん早くなってきます。やるべきことや進むべき道、解決すべきことなどがわかってくるので、心強い相棒としてぜひ活用してみてくださいね!」

そうなんですね。まさに、ボイジャータロットというカードは、行動を促すツール。失敗を恐れずに、どんどん行動していくことが大切なんですね。躊躇して、いつまでも同じ場所にいては同じ景色を見つづけるだけ。行動する勇気やチャレンジしてみる勇気・・・、それは人生にはいつでも心がけていないといけないことだと思います。これからもボイジャータロットとの仲をますます深めて、行動する勇気、失敗する勇気、そしてまた立ち上がっていく勇気、さらに実行するためのヒント・・・などをもらっていけたらいいなと思っています。

今回は、レベル1のレッスンのみを受講したレポートでしたが、さらにスキルアップした情報が得られるレベル2に進むと、もっとボイジャータロットと仲良くなれるのかと思うと、とても楽しみです。

 

Text:ライター&アロマ・トリートメントセラピスト/香織